一生の思い出に!子供の頃の写真を綺麗に保存する方法

学生時代は一生の思い出

誰もが経験する学生時代。人それぞれいろいろな思い出があるかと思います。例えば、修学旅行だったり、運動会、文化祭など学生時代は多くの行事がありそれに比例してたくさんの思い出が詰まっています。この思い出を保存してくれるのが写真です。しかし写真というものは、日が立つに連れて劣化してしまい、すぐにボロボロになってしまいます。それを防ぐためには、写真というものは大事に保管しなければなりません。そこで今回は、綺麗に写真を残す方法をあげてみたいと思います。

日光と湿気に注意する!

写真というのはいろいろな薬品を使って印刷してあります。湿気や日光のが直接当たってしまう環境で保存をしてしますと、写真にカビが生えたり、色あせたりしてしまい、綺麗に保存するのは愚か、一体いつ、何処で撮った写真かすらわからなくなってしまいます。そこで、湿気や日光から守る保存方法は、一枚一枚和紙に挟むという方法です。この方法だと時間とお金がかかってしまいますが、写真を綺麗に残す方法としては最適です。和紙に挟むことによって、湿気からシャットダウンし更に箱などに入れることによって、日光からも完全に守られる状態となります。

卒業アルバムはデジタル化!

卒業アルバムというものは、かなり大きくとても分厚いものです。皆さんの中にも邪魔だなと思った方もいらっしゃるかもしれません。また、卒業アルバムと言うものは、何回も見たりしていると手垢などで汚れてしまいますよね。そこで使うのはデジタルスキャナーです。このデジタルスキャナーを使うことによって、写真をデジタル化しキレイに保存できますしアルバムの方はキレイに残したままに出来ます。コンビニなどにもスキャナーはあるので、使用してみてはいかがでしょうか。

学校写真は地元の写真家所属のカメラマンが撮影する質の高い写真が多く、子供の成長記録もためにも購入したいものです。