婚約指輪と結婚指輪の違い!婚約指輪の方が高くなりやすい?

プロポーズには婚約指輪!結婚には結婚指輪!

基本的にプロポーズの際にエンゲージリングとして婚約指輪を渡すものであり、結婚する際に結婚指輪を渡すようになっています。しかし、婚約指輪と結婚指輪を別々に用意する必要性があるのかと思ったことがあるかもしれません。両方とも用意する為には彼女に喜んでもらう為に多くのお金を用意することもあるでしょうし、金銭的に厳しい場合もあるでしょう。この二種類の指輪には別々の意味合いが込められているのでなるべくなら用意した方が良いかもしれませんね。

二種類の指輪には明確な違いがある?

婚約指輪を選ぶ時に知っておきたいのが、婚約指輪を贈ることにどんな意味が込められているかです。基本的に男性がプロポーズの際に渡すもので、婚約の証として主にダイヤモンドがついているような特別な指輪を渡すことが多くあります。対して結婚指輪は結婚の証であるペアリングのようなもので、毎日つけることを前提としています。毎日つけるのでシンプルな指輪が選ばれることが多く、飾りも控えめなので主張が激しくありません。

婚約指輪と結婚指輪ではどちらが高め?

一般的に婚約指輪が平均して30万円くらいの金額に対し、結婚指輪は平均10万円、ペアリングとしてなら10万円から30万円程度と婚約指輪の方が相場が高めです。これは結婚指輪がシンプルなデザインなので比較的安く、婚約指輪は特別感を出す為にダイヤモンドがつけられていることが多いからです。さらに品質や大きさによって大きく値段が変わってくるので、多くの予算を必要とするでしょう。ただし、彼女への愛情表現になるので、どれだけ質の良い指輪を選ぶかがカギになりそうですね。

婚約指輪とは、男性がプロポーズの際に女性に渡すものです。最近はプロポーズ後に一緒に買いに行く場合も多いようです。大好きな人からの一生に1回の特別なプレゼントであり、指輪に憧れる女性は多いです。